料理素材・野菜『かぼちゃ』江戸崎かぼちゃを食べよう。

料理素材
夏野菜

かぼちゃ(江戸崎かぼちゃ)茨城県

種類・西洋かぼちゃ(えびす)甘みが強く、ホクホクとし栗カボチャとも呼ばれています。

特徴・畑で熟成をさせて収穫します。通常のかぼちゃは45日ほどで収穫するのに対して、江戸崎かぼちゃは55日ほど熟成させて収穫します。

・5月下旬から7月下旬にかけて販売

保存方法・カットしたかぼちゃを種とワタを取り、ペーパで水分をとりラップで包み冷蔵庫の野菜室で保存します。

料理レシピ  江戸崎かぼちゃの冷製スープ 

材料

  • カボチャ   500g
  • スープベース 100g https://www.kiyomi.biz/post/_soup
  • 生クリーム  100ml
  • 牛乳     300ml
  • 天日塩    少々
  • きび砂糖   少々

作り方

  • かぼちゃのヘタを取り、ヘタの部分に包丁の切先を入れ半割りにします。
  • 半割りにしたかぼちゃの種を取り、緑の部分を削り落とします。
  • 黄色のかぼちゃを乱切りにして、蒸し器に入れ1時間中火で蒸しあげます。
  • 蒸しあがったかぼちゃ、牛乳、生クリーム、スープベースを鍋に入れ弱火で15分煮ます。
  • 煮上がったソースをミキサーにかけ、鍋で沸かし裏漉しをします。
  • 裏漉しをしたスープを鍋でもう一度沸かして天日塩ときび砂糖で味を整えます。
  • 冷まして完成です。

レシピ動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました